アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル業界に転職

アパレル転職に有利な職歴

他業種からの転職が不利とは限らない?

アパレル転職の際、別のブランドで働いていたなどの経験があると他業種からの応募者よりも優遇されるケースが多いですね。

どの業界でも共通して言えますが、やはり経験者というのは即戦力になるため未経験者に比べて採用されやすくなる傾向があります。ですから同業種間の転職は比較的スムーズにいっても、他業種から参入するとなると急激に転職難易度が高くなったりします。

ですが他業種での職歴は全く評価されないのかというとそうでもなく、なかには一見アパレル業界と関係がなさそうな職歴でもアパレル転職の際に高評価を受けることもあります。

自分の職歴のなかでアパレル転職に役立ちそうな職歴がないか見直してみましょう。もし評価してもらえそうな職歴があればどんどんアピールするといいですね。

アパレル転職に役立つ職歴

販売職

同じ販売職ということで、アパレルに限らず販売員として働いた経験は一定の評価を受けてもらえます。接客業をしたことがない人に比べて基本的なスキルが身に付いているので、基礎の基礎から教えなくてもいいのは採用側にとってなかなかのメリットになりますね。

同じ販売でも、アパレルショップのメインターゲット(10代後半~30代前半の女性)に近い客層を持つ職場での経験の方が高評価となるでしょう。

営業職

販売職よりも、より踏み込んでお客さんと話をする営業の仕事。営業で身に付いたセールストークはアパレルの職場でもきっと役立ちます。面接の場でも説得力のある話し方、トーク力を発揮できれば採用担当者に好印象を持ってもらえるでしょう。

営業経験をアピールする際は、過去の売上高などを具体的な数値で提示した方がより説得力があります。

CA(キャビンアテンダント)

多くの女性が憧れる人気の職業、客室乗務員です。この仕事は気遣い、マナー、知識・教養、語学力と様々な能力を必要とします。そのためこれらのスキルが身に付いている元CAさんは、大変接客向きなんですね。

またCAが接するのは一般客の他にファーストクラスに乗り込む会社役員や社長、医師などもいます。これは高級ブランドの客層と重なるため、こうした方々相手の接客に慣れたCAはラグジュアリーブランドで高い評価を受けることもあるようです。

最近は外国人観光客の増加によって外国語対応のできるスタッフの需要が高まっていますから、語学力を活かせる職場としても最適でしょう。

ホステス

意外に思われるかもしれませんが、高級クラブなどでの経験も人によっては評価してもらえることもあります。

というのも、こうした所でバリバリ売上を上げていたような方は接客スキルが大変高いんですね。高級クラブに来るのは会社役員や社長、医師など。こうした人達の相手は様々な知識や教養がないとできませんし、細かな気遣いも必要です。

個人売上に対する意識も高いですし、こうした所はアパレルに通じるものがありますね。元銀座No.1ホステスだったなどの経歴をお持ちなら、アピールの仕方次第では重宝がられるかもしれません。

ただやはり水商売ということであまり良い印象を受けてもらえないケースもありますから、この経験を活かしたいならCAと同じく若者向けのブランドよりもラグジュアリーブランド狙いでいった方がいいかもしれません。

この他にもアピールの仕方次第では有利になる職歴もあるかもしれません。要はどうやってアパレルの仕事に関連付られるかということがポイントになります。

自分の職歴を見直すにあたって、具体的にどんな作業をこなしてきたかを一つずつ書き出してみると、意外な職業から役に立ちそうな経験が発掘されるかもしれませんよ。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング