アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル業界に転職

アパレル志望動機の作り方

アパレルの志望動機の書き方が分からない

就活をするにあたって、企業に応募するための書類作成や面接対策の際に悩む事として志望動機があると思います。

志望動機は選考の重要なポイントの1つです。ここが適当だと「本気じゃないのかな」と悪い印象を与えてしまいますし、逆に説得力のある内容なら「本当にうちの会社に入りたいんだな」という熱意が伝わり好印象となります。

これはアパレル業界でも同じです。アパレルは面接時の服装にも気を使わなくてはいけないので大変ですが、志望動機もおろそかにせずしっかりと作り込んでいきましょう。

アパレル未経験の場合の志望動機

志望動機はアパレル未経験か経験者かによって書き方も変わってくるでしょう。まずはアパレル未経験者の志望動機について考えていきたいと思います。

アパレル販売の経験がない人が一番アピールしたがるのがファッション好きという点です。確かに経験が無い分熱意で勝負するしかないと考えてしまうのも分かりますが、ただ単に

「服が好き!」
「オシャレ大好き!」

の一点張りだと志望動機としては弱いです。

アパレルで働く人はファッション好きというのは当たり前、むしろそこがスタートラインですから、それプラス何か別の動機が欲しいですね。

例えば友達によくコーディネートを頼まれるという方なら、

「お客様にも同じようにアドバイスして、喜ぶ姿が見たい」

といったような話に持っていくのもいいでしょう。

またアパレルのことばかりに目を向けがちですが、販売の仕事がしたいという側面からアピールするのも有効的です。もしアパレル業界以外での販売・接客経験があるなら販売職のやりがいや楽しさも分かっていると思いますから、そうしたところを絡めてアピールするのもいいですね。

アパレル経験者の志望動機

アパレル経験がある方の転職の場合は、「なぜこのブランドで働きたいのか」ということをメインに考えていきましょう。

例えば以前働いていたブランドが服の取り扱いしかない所で、応募先が靴や小物の扱いもあるブランドなら

「全身のトータルコーディネートを提案できる貴社のブランドで働きたい」

という理由が思いつきますね。

また、好みの変化や年齢の問題から違うテイストのブランドに転職するのもよくある話ですから、

「○○系のブランドで働きたくなった」
「年齢に合わせたブランドに転職したいから」

という理由でも納得してもらえると思います。

ただその場合は、○○系の中でもどうしてここのブランドがいいのか、という点も一緒に説明できるといいですしょう。同じようなテイストのブランドは他にもたくさんありますからね。

経験者ならではの視点で理由を考えてみるのもいいですね。接客の方針、陳列の仕方など、どういった所に魅力を感じたのかという事を、以前勤務していたブランドとの比較をしながら具体的に挙げていくと説得力が出るのではないでしょうか。

あとは

「店長を目指して頑張りたい」
「販売員としてスキルアップしたい」

といった上昇志向があるという点もアピールしておきましょう。

完成したら何度も読み返してみよう

ファッションが好きだから、楽しそうだからというアパレル業界への憧れだけで入社しても、実際に働いてみると想像以上に大変な仕事だった…と理想と現実とのギャップを感じて退社してしまう人はとても多いです。

そのため未経験の人を採用する際は、このあたりの事をきちんと理解しているのかという点を採用担当者はしっかりと見極めようとします。

ファッションが好きという熱意ももちろん重要なことではありますが、未経験者がその点ばかりアピールすればするほど「この人はアパレルの大変さを本当に分かっているんだろうか?」と思われてしまいます。

熱意をアピールする際は

「大変な仕事というのは分かっているつもりだけど、それでも好きだからやってみたい」

という気持ちも一緒に伝えられればいいですね。

そして志望動機が完成したら、一度採用担当者側の立場に立って見てみましょう。

「本当にこれで採用したい、一度会ってみたいと思ってもらえるかな?」という気持ちで見直してみると、独りよがりな志望動機になっていることに気付く事も多々あります。

志望動機が選考基準のすべてではありませんが、ここでしっかりとアピールできるように頑張って作成してみてくださいね。

スポンサーリンク

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング