アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル業界に転職

アパレル転職支援サービスを利用するメリット

仕事探しの方法でおすすめなのは?

就職・転職するための方法には色々ありますね。

  • ハローワークで求人を探す
  • 求人誌・求人サイトを利用する
  • 公式ホームページから直接応募する
  • 知人の紹介
  • 転職支援サービスを利用する

アパレルの場合も基本的にはこれらの方法で求人探しを行うことになります。

どの方法にも利点はありますが、この中でアパレル転職において最もおすすめなのは転職支援サービスを利用する方法です。

それぞれの方法のメリット・デメリット、そしてなぜ転職支援サービスを使った仕事探しがおすすめなのか、その理由について説明したいと思います。

ハローワークを利用して転職する

【メリット】

求人数が豊富

ハローワークは国が運営する公共の職業安定所ですから、求人数はどこよりも豊富です。ジャンルも様々で、あらゆる業界の求人を網羅しています。

誰でも利用しやすい

ハローワークは誰でも利用できます。失業したら雇用保険の手続き等でハローワークに通う機会が増えますから、そのついでに求人検索をしていく人も多いです。

【デメリット】

ハローワークでは見つからないアパレル求人がある

ハローワークでは膨大な数の求人が集まっていますが、その分「広く浅く」という側面もあります。そのため専門性の高い求人に関しては業界特化型の求人サイト・転職支援サイトの方が豊富に見つかる事が多いです。

担当者がアパレル業界に詳しくない

ハローワークで扱う求人は様々なジャンルに及ぶため、担当者はそのすべての業界に対して専門的な知識は持ち合わせていません。(不明点があれば求人元に電話して代わりに質問してもらう事はできます)

求人誌・求人サイトを利用して転職する

【メリット】

手軽に求人検索ができる

コンビニに置かれている求人情報誌や無料の冊子は簡単に手に入りますし、求人サイトもPCやスマホから簡単に閲覧できます。家で寝転がりながらでも仕事探しができる手軽さが魅力です。

求人情報を比較しやすい

求人誌ならページを折ったり附箋を付ける、求人サイトなら「検討リスト」などの機能を使うことで気になる求人を簡単に比較できます。

【デメリット】

サポートしてくれる人がいない

求人サイトではハローワークや転職支援サイトのように転職のサポートをしてくれる担当者やアドバイザーがいないので、分からない事を質問したりアドバイスを受けることが出来ません。

掲載される求人に限りがある

誰でも手軽に応募できるため、人気の仕事は応募者が殺到します。そのため有名企業や好条件の案件など応募者が多数集まりそうな求人はあまり募集を出さないという傾向があります。また求人誌や求人サイトはアルバイト・パート求人の方が強い印象もあります。

公式ホームページから直接応募する

【メリット】

希望の求人をピンポイントで発見・応募できる

アパレルの場合は特定のブランドで働きたいという希望をお持ちの方も多いですから、それなら公式HPで求人募集をチェックして応募するのが求人サイトや転職支援サイトに会員登録する手間も省けて手っ取り早いです。

ここでしか見つからない求人もある

まれに他の媒体に求人を出さず、自社ホームページ上でのみ募集を掛けている場合もあります。

【デメリット】

各ブランドの公式ページをチェックするのは面倒

希望のブランドをピンポイントで探すのならいいですが、色々なブランドの求人情報を集めたい場合にはこの方法は不向きです。

情報が古い可能性がある

公式サイトのリクルートページは、更新せず昔掲載した情報がそのままになっているケースもあります。そのため現在は募集していなかったり、応募しても何の音沙汰もないという事もしばしばあります。

知人の紹介で転職する

【メリット】

採用される可能性が高い

紹介の場合、一応面接は行いますが採用される可能性が高いです。採用側としてはその人の身元が分かっているという安心感があります。

出世しやすくなる場合もある

紹介者がその会社や取引先の重役など権力者の場合、そのコネで入社した人は出世しやすくなることもあります。出世しやすいまではいかなくても、何かと気にかけてくれたりとメリットは大きいです。

【デメリット】

周りから妬まれたり非難されることがある

明らかなコネ入社で高待遇を受けた場合、周りの社員達から良く思われない事もあります。特に仕事でミスした時などは「あの人は仕事ができないのに贔屓されてていいよね」などと陰口を言われたりします。

辞めづらい

縁故入社の場合、もし自分に合わないと思っても退職しづらいというデメリットがあります。また何か問題を起こしたり評判が落ちるような事をしたら紹介者に迷惑がかかるので、普段から気を使わなくてはいけません。

転職支援サービスがおすすめな理由

ここまでそれぞれの転職方法のメリット・デメリットをご紹介してきました。ではこれらを踏まえた上で、なぜ転職支援サービスが一番おすすめなのかをご説明したいと思います。

転職支援サービスを使った転職を行うメリットとしては、

この2点が大きいです。

転職支援サービスに登録すると、登録者に専任のコンサルタント(サービスによってアドバイザー、転職コンシェルジュなど呼び方は様々です)がついて各種サポートを行ってくれます。

求人紹介はもちろん、キャリアについての相談、適職探し、履歴書・職務経歴書の添削・面接対策、面接日程の調整など、就職・転職に関する様々なサポートが受けられます。

またコンサルタントは求人先の企業に関する情報も色々と持っているため、一般的な求人に掲載されている情報だけでは分からないような職場の雰囲気や社風、具体的な仕事内容、離職率、有給取得率と言った情報も入手できます。もし分からないことがあれば代わりに質問もしてくれます。

こうした転職サポートを受けながら転職活動できるのは大きなメリットですね。特に転職慣れしていない方にとってはコンサルタントは心強い味方になってくれるでしょう。

次に、転職支援サービスでしか扱っていない求人があるというのも大きなメリットです。

転職支援サービスは求人サイトのような登録者が求人を検索して直接応募するシステムではなく、コンサルタントが登録者に求人を紹介するシステムになっています。

紹介するのは応募条件を満たした人のみですし、希望者が多い場合は社内選考をして人数を絞ります。そのため実際に企業と面接できるのは一定のレベルに達した人のみです。

人気の求人や好条件の求人は募集を掛けると応募者が殺到します。選考にはコストも時間もかかりますから、求める条件を満たした人だけを紹介してくれて選考の手間を省ける転職支援サービスを利用することは企業側にとっても大きなメリットがあります。

そのため、こうした好条件・有名企業からの求人は転職支援サービスで「非公開求人」として水面下で募集を掛けることが多いんです。非公開求人の紹介を受けられるのは登録者のみですから、転職支援サービスを利用すればこうした非公開求人を含めた求人から転職先を探せるという訳ですね。

また非公開求人に限らずとも、専門性の高い求人は業界専門の転職支援サービスに集まりやすいという特徴もあります。

一定の経験を持った人や専門資格保有者のみを募集する場合、その業界の経験者や業界への転職希望者が集まる所で募集を掛けた方が効率が良いですよね。転職支援サービスにはそれぞれ業界専門や業界に特化したタイプがあり、そうしたサービスには特定の業界からの求人が多く集まります。

アパレルでも業界特化の転職支援サービスがあり、そこにはアパレル・ファッション業界の求人が数多く集まっています。アパレル業界専門の転職支援サービスでしか取り扱っていない求人も数多く存在します。

業界専門ならコンサルタントも業界に詳しい人ばかりなので、業界の動向などの情報を得られたり、細かい希望も伝えやすいです。そのためアパレル業界の求人を探すならアパレル専門のサービスを利用するのがオススメです。

クリーデンス

クリーデンス

クリーデンスは、anやDODAなどで知られる転職業界大手のパーソルキャリアが運営するアパレル転職支援サービスです。

求人数が豊富で、人気ブランドの求人も多数扱っています。人気のラグジュアリーブランドやセレクトショップの求人も見つかります。

アパレル経験者の方、キャリアアップしたい方におすすめのサービスです。関東・関西・中部地域を中心にサポートを行っています。

ファッショーネ

ファッショーネ

ファッショーネはアパレル・ファッション系の正社員求人を中心に扱うアパレル転職支援サービスです。販売職はもちろん、本社求人も多数扱っています。

専任のコンサルタントによる手厚いサポートを受けられるのが特徴で、業界に精通したコンサルタントがキャリア相談や面接対策、スタート日の交渉などを行ってくれます。就業後に困った事があった際も相談に乗ってくれます。

ファッショーネは関東圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)のサポートとなっていますから、東京近郊にお住いの方におすすめのサービスです。

アパレル・ファッション業界の求人をお探しの方はぜひ上記のサイトをチェックしてみてください。複数登録もOKですし、在職中の登録も可能です。

以下のサービスはアパレル業界専門ではありませんが、大手転職支援サービスでアパレル求人も取り扱っていますのでチェックしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、豊富な求人数が魅力です。非公開求人も多いです。

全国対応なので上記のサービスが利用できない方にもオススメです。アパレル以外の求人も含めて検討したいという方も利用してみてください。

転職支援サービスのデメリット

転職支援サービスのメリットをご紹介してきましたが、転職支援サービスにもデメリットはあります。

まずはコンサルタントとの相性があること。こちらの意思に反してどんどん仕事を紹介してきたり、逆にほとんど連絡をくれない、やる気を感じられないなど、様々なタイプのコンサルタントがいます。コンサルタントとの相性が悪いと利用満足度は一気に低くなります。

しかし、もし「この人はちょっと合わないな…」と思ったら、申し出ることで担当者を変えてもらう事も出来ます。言いづらいかもしれませんが、転職を成功させるためにはコンサルタントとの相性は重要なので言った方がいいです。

あとはサポート対象地域が決まっているのもデメリットです。サポートエリア内にお住いの方は問題ありませんが、サポートエリア外だと困りますね。

ただ転職支援サービスによっては電話によるサポートが受けられる事もありますから、エリア外にお住いの方も相談してみると良いでしょう。

このように転職支援サービスにも不便に感じる点はありますが、それでも総合的に見るとやはり他の転職方法よりも便利で得られるメリットは多いと思います。

それに他の支援サービスやハローワークとの併用もできますから、複数のツールを利用して転職活動を行うのもいいでしょう。無料で利用できるのでその点は気軽に登録できますね。

自分に合った方法で転職を成功させよう

数ある就職・転職の方法の中で転職支援サービスがおすすめという話をしてきましたが、結局一番良いのは自分に合った方法で転職活動をする事です。

人脈が広い方は知人からの紹介の話も多いでしょうし、地方住みで利用できる転職支援サービスが少ない場合はハローワークの方が使いやすい場合もあります。あくまで自分のペースで転職活動したいという方も転職支援サービスのサポートは必要ないかもしれません。

ですから「求職者全員が転職支援サービスを利用すべき」とは言いません。転職支援サービスにメリットが多いのは事実ですが、それぞれの転職方法のメリット・デメリットを考えた上で最適な方法を選べばいいと思います。

ただ、アパレル業界専門の転職支援サービスでしか見つからない求人もあるというのはやはり大きなメリットです。

特に本社勤務の総合職・専門職などは元々東京や大阪での求人が多いですから、地方住みの方も首都圏中心に展開している転職支援サービスで探す方が見つかりやすいでしょう。

アパレル求人をお探しなら、まずは今回ご紹介したアパレル業界に強い転職支援サービスをぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング