アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル業界に転職

転勤無しのアパレル求人

アパレル業界の仕事に転勤はある?

転勤は私生活にも大きく関わってくる問題にも関わらず、会社命令ということもあって基本的には従うしかありません。

急な引越しに、家族や恋人、友人達との別れ、そして知らない土地での新生活など、転勤は大変なことだらけです。転勤したくないから退職するという人も少なくないですね。

アパレルで働いている方、またこれからアパレルに転職しようかとお考えの方も、転勤は嫌だな…とお考えになっている方は多いと思います。

ただ、転勤はどんな仕事でも必ずあるという訳ではなく、転勤が多い仕事もあれば全くない仕事もあります。ではアパレルの仕事には転勤はあるのでしょうか。

アパレルで転勤の可能性がある職種

アパレル業界の職種には、販売(ショップスタッフ)、エリアマネージャー、デザイナー、MD(マーチャンダイザー)、バイヤー、プレス・広報、営業などがありますが、このうち転勤の可能性が考えられるのは、

でしょうか。

販売職は店舗数が多いブランドの場合、違う店舗に異動になる可能性があります。とはいえ東京なら都内の違う店舗というように、引っ越ししなくても通える範囲内での異動が大半のようです。

ただし店長クラスになると様々な店舗で経験を積むためだったり、売上の悪い店舗を立て直す目的で異動を命じられることは多くなります。ですから全国展開するブランドであれば引越しを伴う転勤の可能性も出てきますね。

エリアマネージャーや営業の場合、支社がいくつかあるような大規模なアパレル企業に勤める場合に転勤の可能性が出てきます。

ちなみにエリア担当や営業に関して言えば、出張が多いという事も覚えておかなくてはいけません。特に家庭を持っている方だと頻繁に出張があるのは困るという場合も多いでしょうから、転職の際は注意する必要があります。

転勤が無い職場で働くには

転勤が無い、もしくは可能性が低い職場で働きたい場合、どんな職場を選べばいいのでしょうか。

基本的に本社勤務の仕事(デザイナーやMDなど)は転勤の可能性が低いので、そういった仕事を選べば転勤リスクはかなり軽減します。

販売職希望の場合は、店舗数があまり多くないブランドを選べば異動によって遠くに行くことは避けられるでしょう。ただし今後店舗が増えていけば転勤になる可能性は出てきます。

どうしても転勤したくない場合は、あらかじめ事情を説明しておけば除外してくれることもあります。特に女性が多いアパレル業界では、子供がいる方や家庭の事情で転勤は厳しいという場合は配慮してくれることが多いです。

あとは、正社員で入社する際、地域限定職として勤務地限定で働ける枠が用意されている企業もあります。転勤がない分出世しにくかったり年収が低くなるといったデメリットもありますが、転勤したくない方にとっては良い働き方なのではないでしょうか。

このように、転勤を避けたいのなら職種やブランド選びをしっかり行うことで転勤のリスクを減らすことが出来ます。求人票にも転勤の有無が記載されていることがあるので、そこもしっかりチェックしておきましょう。

転職支援サービスで転勤に関する情報を入手する

ただ、求人票だけでは分からないこともありますから、転勤の可能性があるか直接確認する方法が一番確実かもしれません。数年後の事は分かりませんが、少なくとも現時点で入社後転勤の可能性がどれくらいあるのかは分かると思います。

転職支援サービスを利用すれば、こうした転勤の可能性も含めた求人に関する詳しい情報を得ることが出来ます。

コンサルタントは求人票に載っていないような社風や具体的な仕事内容などの情報も持っているため、転職の際は非常に役に立ちます。

もし分からないことがあったとしても企業側に代わりに質問してくれるので、転勤についての情報も得られると思います。「転勤の可能性が低い職場がいい」という希望を伝えれば、条件に合った求人を紹介してもらえるでしょう。

アパレル専門の転職支援サービスなので、アパレル業界の様々な求人が見つかります。特に総合職の求人は一般の求人サイトではあまり見掛けないので、こうした業界専門のサービスを利用して探すのがコツとなります。

利用は無料ですし、在職中でも利用できます。人気ブランドの求人も多数扱っていますから、ぜひチェックしてみてくださいね。

転勤には自身の成長にも繋がる

転勤となれば恋人とは遠距離になるし、実家暮らしの場合は家を出て一人暮らししなくてはいけません。いつも遊んでいる友達とも会えなくなるし、引っ越ししてしばらくは毎日一人寂しい思いをすることになるかもしれません。

また職場も変わる訳ですから、新しい人間関係を一から構築していくことになります。仕事でも色々と勝手が違い、今までのやり方が通用しなくて新人時代に戻ったような気持ちになるかもしれません。

このように転勤は色々と辛いことが多いものですが、こうしたデメリットだけではなくメリットもたくさんあります。一番大きいのは色々な経験を積めることです。

一つの職場でずっと働き続けるとどうしても視野が狭くなったり、考えが偏ったり、周りの人達とも慣れ合い過ぎて緊張感が無くなったりします。色々な職場を経験することは仕事でも人生でもプラスになることが多いはずです。

世の中には出世するには転勤が必須という会社もあるくらいですから、それだけ得られるものも大きいという事なのでしょう。

転勤できない事情も人それぞれにあるとは思いますが、これからもこの仕事をずっと続けたい、もっとスキルアップしたいと考えているなら、転勤を受け入れることも必要なのかなとは思います。

将来のこと、プライベートのことなどじっくりと考えた上で最良の選択が出来るといいですね。

スポンサーリンク

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング