アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル業界に転職

未経験者が抱くアパレル業界のイメージとギャップ

未経験者と経験者ではアパレルに対するイメージに違いがある

「アパレル業界で働いてみたい」「これからアパレルを目指す」という方は、アパレル業界に対してどんなイメージを持っているでしょうか。

この仕事をしたいと思っているくらいですから、多くの方はプラスのイメージを持っていると思います。しかし、アパレルは他の業界に比べて離職率が高いと言われますが、その理由には理想と現実のギャップを感じて退職・転職してしまう方が多いという事もあります。

つまり、未経験者と経験者ではアパレルの仕事に対するイメージ・考え方に違いがあるという事です。

ただそれは「理想と違った」というマイナスのギャップだけではなく、良い意味でのギャップもあります。それにギャップだけではなく、当然想像通りだった部分もあるでしょう。

そこで、アパレル販売の仕事に対して多くの人が抱くイメージと、それに対して実際に働いてみてどうだったのかを、良いイメージと悪いイメージでそれぞれ見ていきたいと思います。

アパレル販売職に抱く良いイメージ

垢抜けそう・センスが良くなりそう

「アパレルで働くと垢抜けそう」と考える方は多いです。実際に友達がアパレルで働き始めてからどんどん垢抜けていったという実例を見ている方もいらっしゃるでしょう。

アパレルで働くとファッションセンスが磨かれるのは確かです。ただしただ働くだけで、というよりは自らセンスを磨く努力ができる環境にあると言った方がいいかもしれません。

ブランドの顔になるという意識が芽生えることと、人から見られる仕事なので自然と身だしなみには気を付けるようになります。それに周りがオシャレな人ばかりなので勉強になるし、流行について常にアンテナを張るようになります。

楽しそう

正直楽しいことばかりではありませんが、それでも楽しいと感じる面はたくさんあります。実際アパレルを辞めて転職する際も、給料や待遇面に不満があるだけで仕事自体は嫌いじゃないという方は多いです。

むしろ仕事自体が好きじゃないと続けるのは難しい仕事と言ってもいいくらいですから、それだけやりがいはあります。

楽しい・やりがいを感じる所としては、お得意様と会話している時や、自分の勧めた服を買ってもらえた事、そしてイベントの為に買った服を購入して後日報告しに来てくれた時などを挙げる方が多いですね。ほとんどの販売員が1つは忘れられないエピソードを持っているのではないでしょうか。

服装自由で働ける

これが決め手となってアパレルを選ぶ方も多いと思います。私服勤務、しかも茶髪OK・ピアスOK・ネイルOKという職場はそうそうないですからね。

好きな服装で働けるという事にはおおむね満足している方が多いのですが、これに関しては勤務するショップにもよる所が大きいです。好きなブランドなら自分の好きな服を着れますが、あまり好みではないブランドで働くことになった場合はただの制服感覚になってしまうようです。

それに好きな服を着られると言っても、新作を着なきゃいけないとか、完売した商品は着てはいけないなどの決まりがあったりもします。ですから完全に服装自由ではないという点はギャップとして感じる方もいらっしゃるかもしれません。

商品を安く買える

社割で服を安く買えるというのもよく未経験者がアパレルで働くメリットとして挙げることが多い点ですね。これに関してもイメージ通りで、社員になれば商品を安く買えるのは確かです。

ただ仕事着として大量に用意しなくてはいけないので、安く買えるとはいっても結局毎月の服代はかなり掛かります。これが想像以上に大変だったという声はとても多いですね。

また好きなブランドなら休日にも着られるのでいいですが、普段着ないようなブランドだと安く買っても仕事着が大量に増えるだけでメリットがありません。

異性にモテそう

アパレルで働いているとモテそうと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、これは「意外とモテない」と答える販売員が多いです。

レディースブランドの場合スタッフもお客さんも女性ばかりですし、シフト制で土日休みの職業の人とは生活スタイルが合わないので出会いが少ないというのがその原因のようです。つまりモテないというより単に出会いが無いという事ですね。

ただユニセックスブランドだとお客さんからアプローチされたり、またテナントの場合はメンズブランドの人達との交流があることもあります。

また販売員同士なら休みを合わせやすいので、同業者と付き合う人が多いようですね。

アパレル販売職に抱く悪いイメージ

給料が低い

平均年収は他の職業に比べて低いので、給料が安いのはイメージ通りだと考えていいでしょう。なかなか昇給しないという悩みを抱える方も多いです。

ただ店長クラスになると少しアップしますし、もし総合職にキャリアアップできればそこそこの額はもらえるようになります。

ノルマがキツそう

ノルマに関しては売上目標という形で販売員に重くのしかかってきます。ただこれに関してはショップによって事情が異なり、目標達成できなかった場合の対応にも差があります。

個人目標(個人売り)がなく店全体の売上目標しかない場合はそこまで厳しくないという意見もありますし、目標達成できなくてもこれといったお咎めなしという所もあるようです。しかし一方で達成できなかったら厳しく説教されたり、自腹で商品を買わされたりするショップもあります。

とはいえ売上目標は販売職である以上必要なものですし、モチベーションアップにも繋がります。「全国ランキングで1位になれた!」となれば大きなやりがいを感じられます。

若いうちしか働けなさそう

これは世間一般の人がアパレルに対して抱いているイメージだと思います。30歳を過ぎたら働けなくなると言われたりすることもありますよね。

しかし実際はそんなことはなく、働こうと思えば働き先はあります。離職率が高いことと結婚して辞める人も多いので平均年齢が低いこともあり、20代の販売員が大半ということは確かですが、30代以降も販売員として働く人達は確実に存在します。

ただアパレル販売員として長くこの業界に居続けるには、自身の年齢に合わせて働く職場を変えていくということは必要になります。10代~20代前半向けのブランドでずっと働き続けるのは難しいです。

土日に休めない

これはイメージ通りで、アパレル販売職に就けばシフト制で平日休みがメインになります。基本的に土日は出勤日となり、お盆期間やお正月も休めません。むしろセールで繁忙期となっています。

ただ冠婚葬祭などの用事がある場合は休み希望を出せば休ませてくれるショップも多いですし、月に1日は土日の休みを組んでくれるショップもあります。

キャリアアップできなさそう

キャリアアップに関しては多くの販売員が悩んでいる問題ですね。販売職ではチーフ(副店長)、店長と昇進していきますが、店長止まりというケースが非常に多いです。

店長から先はエリアマネージャーやトレーナーという道もありますが、実際にこうした職に就くのは簡単なことではありません。店長時代にしっかり成果を出した人じゃないと選ばれないし、ブランドによってはそもそもそうしたキャリアパス自体が存在しない事もあります。

アパレルで働いてみて意外に思った事・新たに発見した事

アパレルで実際に働いてみると、「イメージとは違った」「意外だった」という事も出てきます。アパレル販売職経験者が働いてみて初めて分かったこととしてよく聞く意見を挙げてみます。

体力的に辛い

はたから見ると楽そうに見えるアパレル販売の仕事ですが、働いてみてまず最初に分かるのが意外と体力がいる仕事だということです。

長時間立ちっぱなし、しかもハイヒールの日もあるので慣れるまではかなり辛いです。そして意外と裏方の仕事もあるんですよね。重い段ボールを運んだりして汗だくになる時もあります。

ただ立って接客すればいいだけだと思っていた人が最もギャップを感じる所でもあります。

人見知りでも働ける

アパレル販売職は意外と人見知りでもやっていけます。お客さんに積極的に話し掛けるのは人見知りにとって辛いことですが、仕事だと割り切ることができれば意外と平気になったりします。仕事中だけ別人のように積極的になれる販売員も少なくありません。

それに働いているうちに慣れてきて人見知りを克服できる方もいますし、性格が明るくなったと感じる方もいます。

平日休みも良い

最初は「土日休みじゃないのは嫌だな」と思っていても、働いているうちに平日休みの魅力に気付いてむしろこっちの方が良いと思うようになる方も少なくありません。

平日はどこに行っても空いてるし、平日割といった割引がある店もあります。旅行に行く時も予約は取りやすいし宿泊代が土日の半額近い価格になるホテルもあります。

一緒に出掛ける人を見つけるのが大変という悩みはありますが、その分自然と同じ平日休みの人と仲良くなっていくので意外と大丈夫だったりします。今は土日休み以外の仕事も結構ありますからね。

自分で経験してみるのが一番!

実際に働く前からあれこれイメージだけ先行してしまうと、いざ働き出してからそのイメージとのギャップに苦しむことになります。

どんな仕事でも良い面と悪い面があるのは当たり前のことなので、そこを最初からきちんと理解しておけば「想像と違ったから辞めたい」と思うことも避けられるのではないでしょうか。

アパレル販売の場合、仕事をしていく上で最も大切になるのが「ファッションが好き」という気持ちです。これが無ければ服装自由で働けるというアパレル最大のメリットもありがたみを感じられなくなるし、社割で服を安く買えるメリットも無くなってしまいます。

アパレル販売員にとってファッションが好きという気持ちは大きなモチベーションとなるので、逆にこの気持ちを持ち続けられる方なら多少辛いことがあっても耐えられるのではないでしょうか。

そしてお客さんと接するうちに接客業の楽しさや喜びも味わえるようになります。そうすれば仕事に対して大きなやりがいを感じられるようにもなります。

仕事に対する感じ方や考え方は人それぞれでもありますから、アパレルに興味があって働いてみたいと思ったのであれば周りの意見や体験談を聞くのはほどほどにして、まずは自分で経験してみるのもいいと思います。世間一般からするとただの辛い仕事と思われることでも、自分にとっては天職そのものということもありますしね。

とはいえ入社前にある程度職場に関する情報が欲しいということであれば、アパレル専門の転職支援サービスを利用してみましょう。

こうした所で紹介を受けるなら、求人票だけでは分からないような詳しい情報も入手できますし、分からない事を代わりに質問してもらう事も出来ます。

給料や手当の事、残業の多さ、職場の人間関係、有給の取りやすさなど、直接は聞きにくいけど気になることがあれば聞いてみてはいかがでしょうか。

おすすめの転職支援サービスは

アパレル転職サイト・人材紹介会社ランキング

のページでご紹介していますので、こちらもぜひご覧になってみてください。

スポンサーリンク

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング