アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル業界について

SNSがアパレル業界に与える影響

今は雑誌よりSNS?ファッション情報の入手法

今まで、ファッションについての情報を得る手段はファッション雑誌がメインでした。多くの女性が毎月ファッション雑誌を購読してトレンドをチェックしたり、購入するアイテムを考えたりしたものです。

しかし時代は移り変わり、今はInstagramをはじめとしたSNSでファッションに関する情報を得る人が増えていますね。ファッション系のアプリを利用する人も増えています。

SNSは雑誌よりも情報が早いという利点があります。雑誌と違って制作から販売までのタイムラグがないので、より新しいトレンドをキャッチする事が出来ます。

またSNSは誰でも投稿できるというのも特徴です。昔はファッションアイコンと言えば芸能人やモデルでした。今もこの人達の影響力は大きいですが、SNS上で注目を集めているのはそうした芸能人だけでなく、一般人も少なくありません。

こうしたSNSの普及は、アパレル業界にも大きな影響を与えています。現場で働くアパレル販売員の方も変化を感じることがあるのではないでしょうか。

SNSがアパレル販売の現場に与えた影響について考えてみたいと思います。

SNSの普及によりアパレル販売の現場で起こった変化

SNSをお手本にする人が増えたことで、まずは売れる商品の予測がしづらくなったという事が挙げられると思います。

雑誌やテレビが中心だった頃は、雑誌に掲載されたりドラマで使われたりした商品が爆発的に売れるという事がよくありました。今でもそういった事はありますね。

ただ、最近は有名人がインスタにアップした商品が急に売れ出すという事が多くなりました。そうした事態を生み出すのは人気芸能人やモデルだけでなく、フォロワー数が多い一般人でも起きています。

いつ誰がどの商品をアップしてどこで注目されるかわからないので、急に人気商品になってしまって在庫が全然足りなくて困った…という経験をお持ちの販売員の方もいらっしゃると思います。

また従来なら、

「○○ちゃんがドラマで着ていた服はどれですか?」
「今月号の○○に載っていたバッグが欲しいんですけど」

といった問い合わせが多かったですが、最近はSNSを見て来店するお客さんが増えました。

雑誌やテレビで使われた商品なら事前に情報収集して予習・準備もできますが、SNSで発信される情報は事前にチェックするのは限界があります。そのため急な問い合わせに上手く答えられなかったり、また背景にチラッと写っただけのアイテムについて聞かれても情報が少なすぎて困ってしまうという事もあるでしょう。

SNS時代に対応するには

ファッション業界にSNSが関わってくることでアパレル販売員としては戸惑う事も増えたかもしれませんが、そこはしっかりと順応していかないといけません。

どんな所から流行が生まれるか分からないという事に対しては、これまで以上に情報収集に力を入れ、トレンドをキャッチする力を養わなくてはいけません。

現在アパレル販売員として働いている方ならSNSに対して抵抗のない世代でしょうから、自身も積極的にSNSを利用することも大切ですね。発信はしなくてもせめて情報収集ツールとしては使いましょう。

また予期せぬ人気商品が生まれた場合は、「在庫がもうありません」という対応をするのではなく、上手く他の商品に誘導することで新たなビジネスチャンスになります。お目当ての商品がなくても最終的に全然違う商品を買って帰るお客さんもいますから、ここは販売員の腕の見せ所ですね。

これはネット通販には出来ない店頭販売ならではのメリットでもあると思うので、上手いセールストークができるように日頃から訓練しておくといいでしょう。

そしてSNSに掲載された情報に関する問い合わせや質問については、今まで以上に商品知識を身に付けて対応するのが一番ではないでしょうか。商品の形、素材などの特徴をしっかり頭に入れ、ちょっとした情報からでも今ある商品と結び付けられるようになれると良いですね。

インスタグラムなどのSNS普及がファッション業界にもたらした影響は大きいですが、アパレル販売員の接客力が売上に繋がるという点は今も昔も変わらないと思います。

それにSNSを利用してショップ側から手軽に情報発信することもできるようになったので、使い方によっては強力な武器にもなります。これからの時代を生き抜くために、SNSと上手く付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング