アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレルの仕事内容

店長から先のキャリアプラン

アパレル店長になった後はどうなるの?

アパレル販売員になった後、どうキャリアアップしていけるのかというのは気になりますよね。

アパレル販売の仕事をしてみたいと思っても、将来性について心配だから転職をためらってしまう…という方は多いのではないでしょうか?

ショップスタッフとして採用された後、まずパートやアルバイト採用であれば契約社員、正社員になり、そこからチーフ、副店長、店長と昇格していきます。

そこまでは何となく想像できますが、問題はその後ですよね。

ずっと販売員として現場で働いていかなくてはいけないのか。店長から先のキャリアパスはもうないのか。

ここが一番気になるのではないでしょうか。

複数の店舗を管理するエリアマネージャー

アパレルの本社で勤務している人のほとんどが最初から本社勤務として採用された人です。逆に言うと、店舗勤務として採用された現場の人間が本社に行くことはほとんどない、とも言えます。

ただこのあたりはブランドの方針にもよるので、一概には言えないところもあります。大手アパレル企業の中には店舗勤務の販売員からどんどん本社勤務にキャリアアップさせるところもあるようです。

しかし通常は店長から本社勤務になることは稀なケースであるため、簡単な事ではないという事は覚えておきましょう。

では店長から本社勤務になれるとしたらどんな仕事に就くことになるのかというと、最も多いのがエリアマネージャーでしょう。

エリアマネージャーとは担当する地域にある複数のショップを管理する仕事で、店舗の売上を上げるために情報収集をしてそれを分析、反映させたり、スタッフの指導やフォローを行ったりします。

本社勤務でありながら現場と最も近く、本社と各店舗を結ぶ役割を担っています。大変な仕事ですが、その分やりがいもあるでしょう。現場での経験が必須なので、販売員、店長として働いてきた経験をいかんなく発揮できます。

エリアマネージャーになるには

販売職からエリアマネージャーになるには、店長時代からしっかりと成績を残して本社の人から高い評価を受ける必要があります。適当な仕事しかしてこなかったようでは声が掛かることはないでしょう。

店舗勤務をしていれば普段からエリアマネージャーと接する機会もあるでしょうから、その働きぶりをじっくり観察してみるのも勉強になると思います。

また機会があれば直接仕事内容について聞いてみたり、将来自分もなりたいと相談してみてもいいかもしれませんね。

もし販売職から先のキャリアをお考えなのであれば、普段の仕事をしっかりとこなしていくことが大切です。まだ働き始めたばかりという人はまず店長を目指してくださいね。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング