アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル販売員の悩み

男だけどレディースブランドで働きたい

アパレル販売員の男女の割合

アパレルは女性が多い業界で、特に店舗で働く販売員は女性スタッフが半数以上を占めています。これはアパレルブランドが男性向けのブランドより女性向けのブランドの方が圧倒的に多いからでしょう。アパレル市場は女性メインといっても過言ではないですからね。

ただアパレルブランド全体で見れば女性店員の割合が多くても、メンズブランドだけを見てみると男性店員が半数以上というショップが多いです。

つまり、レディースブランドでは女性スタッフが、メンズブランドでは男性スタッフが多くなっているんですね。ですから男性のアパレル販売員の方は、そのほとんどがメンズブランドで勤務されているのではないかと思います。

男性が女性向けブランド勤務を希望する理由

しかし、中には男性だけどレディースブランドで働くことを希望している方もいらっしゃると思います。

男性があえてレディースブランドで働きたいと思う理由としては、

などが考えられるでしょうか。

ファッションに関してはやはりレディースの方がアイテムの種類も多いですし、メンズ市場にいては知ることができない情報がたくさんあります。アパレルの知識を深めるために、修行のつもりでレディースブランドに身を置いたいと考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

接客に関しても女性相手と男性相手ではその手法やコツ、キラートークも全然違いますから、販売員としてレベルアップを図ることが目的の方もいらっしゃるでしょう。レディースブランドでの勤務経験から得られるものは大きいと思います。

また、単純にレディースの方が好きという理由もあると思います。男性でも女性と同じような好みの方はいますし、最近では女装ではなく普通にレディースの服を着る男性も増えましたよね。男性のレディースに対する垣根が低くなっているのかもしれません。

あとは先ほども言ったように、メンズブランドは男性が多い職場となります。女性で女だらけの職場が苦手という方がいるように、男性でも男だらけの職場では上手くやっていけないという方もいますから、そうした方にとってはレディースブランドの方が働きやすい環境なのかもしれません。

レディースブランドに男性店員が少ないのはどうして?

女性がメンズブランドで働いているケースは結構ありますが、男性がレディースブランドで働いている姿を見ることはほとんどありません。ですからレディースブランド勤務希望の男性は、男でも採用してもらえるのか不安に思っているはずです。

一般的に、レディースブランドでは男性を積極的に採用していません。それは何故かと言うと、

などの理由があるからです。

服を買いに行った時、男性に接客されるのはすごく抵抗があるという女性って結構多いんですよね。何となく気恥ずかしさを感じるというか、女の世界に踏み込まれたと感じるというか…。

それに買い物する時は店員さんとあれこれ話しながら服を選ぶのが楽しいっていう女性は多いですから、男性相手だと共感できることも少なくて会話が盛り上がらないから嫌だな、と思う方もいるでしょう。異性だから緊張して話しにくいと感じる女性も少なくないと思います。

そして服を買う時には試着をしますよね。男性相手だとサイズの事を聞くのも恥ずかしいし、女性同士なら「ここをもっとこうした方が…」といった感じで自然に体に触れられても特に不快感はないですが、男性にこれをされるのはかなり抵抗がありますよね。

また、アパレル店員はブランドの顔とも言える存在ですから、そのままブランドイメージに繋がります。ですから例えば女の子らしいメルヘンチックな世界観を持ったブランドに男性店員がいると、そのイメージにそぐわないんですよね。

他にも商品を身に付けて商品の良さを伝えるのもアパレルスタッフの大事な役割で、実際スタッフが着ている服は売り上げがアップすることが多いです。ですから商品の服を着ることができない男性スタッフだと、効果的な販促手法を一つ失う事になってしまいます。

このように、男性がレディースブランドで働くには不都合な事が結構あるんです。だから男性の採用は考えていないというブランドも多いんですね。

男性だとレディースブランドに採用されない?

しかしお客さんにも色々なタイプがいますから、中にはむしろ男性店員から服を買いたいと考える女性もいます。男性目線でのアドバイスが欲しいという方にしてみたら、男性店員は強い味方となります。

また、よくカフェやバーにいるイケメン男性スタッフがお目当てで店に通い詰める女性客もいますよね。それと同じように、お客さんのお目当てになれれば頻繁に店に通ってくれる良い顧客ができます。アパレルで働く男性は身なりに気を使うしオシャレなのでカッコ良く見えますし、営業トークも上手なのでファンになる子も少なくないですからね。

このように男性スタッフがレディースブランドで働くことはデメリットばかりではありませんから、男性を採用するレディースブランドも存在します。

実際に数は少ないながら男性でレディースブランド勤務をされている方もいますから、諦める必要はありませんよ。

どんなブランドが狙い目?

男性がレディースを扱うブランドで働きたい場合、本当はレディース・メンズの両方を扱うセレクトショップやユニセックスブランドで働くのが一番手っ取り早いと思います。

こうしたショップでは男性スタッフも多いですから、特に問題なく採用してもらえると思います。お客さんも女性・男性の両方が来ますから、メンズブランドで働くより確実に女性相手に接客する機会も増えるでしょう。

しかしやっぱりレディースアイテムのみを扱うブランドが良いという事であれば、何とかして男性でも採用してくれるブランドを探すしかないですね。

その際、片っ端からアパレル求人に応募していくのは大変です。販売員を募集しているアパレル求人の数はとても多いですからね。

そして男性というだけで落とされるケースも少なくないはずですから、男性の採用を考えていないブランドにひたすらアタックしても時間と履歴書の無駄です。応募の前に電話やメールで問い合わせみる方法もありますが、それでも膨大なアパレル求人に1件1件連絡していくのは効率的ではありません。

今回のように希望する条件からアパレル求人を探す場合には、アパレル専門の転職支援サービスを利用すると便利です。コンサルタントに「男性でも働けるレディースブランドの求人を紹介してもらいたい」と相談すれば、条件に合った求人を紹介してもらえます。

こうしたサービスを利用しての求人探しは、自力で行うよりはるかに効率的です。もちろん男性でも登録できますよ。

アパレル転職サイト・人材紹介会社ランキング

のページでおすすめの転職支援サービスをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

男性でも採用してくれそうなレディースブランドの求人は多くないですから、1つではなく複数のサービスを同時利用してより多くの情報を集めた方がいいかもしれません。複数登録もOKですから、状況に合わせて利用してみてください。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング