アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル 職種別求人

アパレル バイヤー求人

アパレル業界のバイヤーの仕事内容

アパレル業界の仕事の一つにバイヤーがあります。バイヤーは小売業では欠かせない職業で、アパレル業界でも重要な役割を担っています。

バイヤーは商品の買い付け・仕入れを行うのが主な仕事です。服やバッグ、靴、アクセサリーなど、自社で扱う商品を国内や海外で買い付けます。また仕入れだけでなく、価格設定や商品のレイアウトを考えたりするのもバイヤーの仕事となります。

売れそうな品を予想して仕入れないといけないので、次はどんな流行が来るかを分析・予測する力、そして時代を先取りするセンスが必要になります。また仕入先との交渉を有利に進めるための交渉力も必要になります。

自分の選んできた商品がヒットすれば、非常にやりがいを感じられるでしょう。そのかわりもし売れない商品を大量に仕入れてしまったら会社に大きな損失を与えてしまうので、とても責任のある仕事でもあります。

バイヤーになるには

バイヤーに必須の資格はありません。しかし海外まで買い付けに行くこともありますから、その場合は語学力が必要になるでしょう。

そしてバイヤーは経験がものを言う仕事なので、未経験での募集はほぼありません。現在バイヤーとして働く人の多くは販売やMDなど他の仕事の経験を積んできています。

いきなりバイヤーになるより、アパレル業界のことや販売に関する知識を深めてからバイヤーになるというケースが多いようです。

求人を見る限り学歴について言及していない所も多いですが、バイヤーは大金を動かす仕事なので会社にとって重要なポジションです。会社としても優秀な人材を採用したいと考えているため、やはり高卒よりは大卒の方が有利になると思います。

バイヤーの中途採用に必要なスキル

先ほども言ったように、バイヤーの中途採用では経験者採用が中心となります。実務経験がないと厳しいかもしれませんね。

海外との取引がある場合は語学力が必須となります。アパレルの場合世界中から商品を買い付けることも多いため、ビジネスレベルの英語ができるといいですね。

またアパレルの商品を扱うため、バイヤー自身にもファッションセンスが求められます。先のトレンドを読むには様々な情報を集めて分析することも大切ですが、やはり「これは売れそう」「これは可愛くないから売れないだろう」という直感やセンスが必要になる事もあります。

求人票で見掛けた希望条件としては、

などがありました。

バイヤー経験者という条件はほとんどの求人で見受けられました。期間は3年以上としている所が多かったですね。またインポートブランドでの経験者は歓迎という求人も多かったです。

最近はネットショップからのニーズも高まっているため、ネットショップ運営に必要なITスキルが求められるケースもありました。

アパレルバイヤーの求人を見つけるには

アパレル業界のバイヤーの仕事を見つけるには、アパレル業界の求人に強い転職支援サービスで探すといいでしょう。

バイヤーのように経験者採用が基本となる求人は、ハローワークのような様々な求人が集まる場所よりもアパレル経験者が多く登録しているアパレル専門人材紹介会社に集まります。

ファッション・アパレル業界専門転職支援サービスの

では様々なアパレルバイヤー求人を扱っていますから、バイヤーに転職をお考えの方は登録してみてはいかがでしょうか。

バイヤー求人の中には非公開としている求人もありますが、こうしたサービスに登録すれば非公開求人も含めて求人紹介を受けられるようになります。

バイヤー求人はアパレル本社が多い東京・大阪あたりに集中しています。クリーデンスは関東・関西・中部地域中心、ファッショーネは関東圏を中心にサービス展開していますから、求人も見つかりやすいのではないでしょうか。

在職中でも登録できますし無料で利用できますから、アパレルバイヤー転職をお考えの方はぜひ利用してみてくださいね。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング