アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレルの給料・待遇について

アパレルの仕事は土日休めない?

アパレルショップでは土日は書き入れ時!

通常休日と言えば、土曜・日曜・祝日ですね。最近はそれ以外の曜日が休みという社会人の方も多くなりましたが、やっぱり多いのは土日祝日休みの職場です。

ではアパレル販売はどうかというと、残念ながら土日休みの職場ではありません。一般的な会社員のように土日休みで働いている人はほぼいないのではないでしょうか。

アパレル販売の仕事は通常シフト制です。アパレルに限らず、販売職はシフト制という所がほとんどですね。定休日がない限り毎日営業してますから、みんな交代で休みを取ることになります。

そして土日はお店にとって書き入れ時ですから、休みどころかむしろいつもより忙しくなります。平日よりも人員も増やして万全の状態で迎えることになるため、土日祝日は基本的に全員出勤というショップも少なくありません。

最近は元旦から初売りをスタートする所も増えましたから、そうなるとお正月も休めません。早番で帰れなくて通しで勤務なんてこともあるでしょう。

つまり土日祝・お正月・お盆・GW等の連休はショップが忙しくなるので、基本的に休めないんですね。ショップ店員になると、世間一般の人達とは真逆の生活を送る事になります…。

平日休みの良いところ

世の中の人達が休みだ旅行だと浮かれている間、ショップ店員はいつもより混雑した店でせっせと働かなくてはいけません。その分売上も伸びるのでありがたくはあるんですが、やっぱり「なんだかなぁ…」という気持ちにもなりますよね。

私も最初土日休みじゃないのは嫌だ!って思ってました。まず友達と休みが合わないので遊びに行くのが大変。あとライブやフェスなどのイベント事も土日に開かれることが多いので、参加できないことも多いです。

日曜の朝には「これからみんな遊びに行くのかな、こんなに天気が良いのに私はこれから仕事か…」といつも憂鬱な気持ちになってました。(しかも忙しいから余計行きたくないんですよね)

でも今では平日休みの良さも分かってきて、むしろもう土日休みの職場には戻れないかもっていうくらい気に入っています!

私が思う平日休み(シフト制)のメリットをざっと挙げてみますと、

などなど。まだ他にもあるかもしれません。

私が平日休みで一番好きな点は、どこに行っても人が少ないというところです。人混みが苦手な方にとってはこの上ないメリットになるんじゃないでしょうか。ショップもレジャー施設も土日の混雑時とは全然違います。

あとアパレルショップでは、夏冬のセール時期をずらせばまとまった連休を取らせてくれるという職場も多いです。シフト制だと年間休日の日数調整のために閑散期に休みを多く持ってきます。そこで希望すれば連休にしてくれることも多いですね。

旅行に行く際にも平日だと空室が多くてとりやすい上に、宿泊費も安く済みます。土曜だと混んでる上に宿泊費が何千円か高くなっている事が多いので損した気分になるんですよね。宿泊費の他にも平日の方が価格が安く設定されている店・レジャー施設・飲食店は多いです。

他にシフト制のメリットとして、早・遅番に分かれていると早番の次の日が遅番という場合、休前日(土日休みでいうと金曜日)と同じ感覚で遊びに行けるのも好きですね。

あとこれは地味なところですが、役所関係に用事がある際にも休みの日に行けるので助かります。土日休みの職場だと仕事中に中抜けさせてもらうか遅刻・早退して行くしかありませんよね。普段はあまり恩恵を感じない部分かもしれませんが、いざ用事ができた時には非常にありがたいポイントです。

他にも免許の更新に行っても混んでない、病院に通いやすいといったメリットもあります。人によっては土日休みの職場より魅力を感じることもあるのではないでしょうか?

土日は絶対に休めないの?

とはいえ冠婚葬祭などは土日に行われる事が多く、やっぱりどうしても土日に休みが欲しいケースも出てきますよね。

アパレルの仕事をしている以上、土日は絶対に休めないのかというとそういう訳ではありません。友達の結婚式に参加したいなどの理由がある場合、日程が分かった時点で店長に相談しましょう。シフトが出来上がる前であれば、大抵の職場では休みを取らせてもらえるはずです。

ただ土日は忙しいので、一人いなくなるとその分他のスタッフにしわ寄せがくることになります。極力休みは取らないようにすること、休む時には他のスタッフに一言お詫びしておくなどの配慮は必要ですね。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング