アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレルの給料・待遇について

アパレル業界の残業事情

アパレルの仕事は残業が多い?

仕事を選ぶ時、残業の有無は結構重要なポイントになりますよね。

など人によって残業に対する考え方は結構違うと思いますが、大半の方は「出来れば少ない方がいい」という希望があるのではないでしょうか。

残業の量や頻度は業界によって大分違いがあるものです。ではアパレル業界の残業事情はどうなっているのでしょうか。

まずアパレルショップは夏と冬のセール時期が繁忙期となり、この時期は仕事量も増えるので残業が多くなりますね。

開店前に早く行って商品整理や品出しをしたり、閉店後はレジの金額が合わないとみんなで見つかるまで探すこともあります。セール時は商品がたくさん売れるし忙しい中レジを打ったりするので、こうした開店前・閉店後の作業にいつも以上に時間が掛かります。

また、アパレル販売の仕事はシフト制で、基本的には早番・遅番(もしくは早番・中番・遅番)に分かれているのですが、この他に通し勤務と呼ばれる開店から閉店までの長い勤務時間のシフトを組まれる事もあります。

通しはセール時期や棚卸しの時によくある他、スタッフの数が少ない場合にも増えますね。元々少ない人員でやりくりしているショップだと当たり前のように通しで働かなくてはいけないことも…。

さらにアパレルショップではスタッフが集まってのミーティングも頻繁に行われます。頻度は週1回、月1回などショップによりまちまちですが、主に開店前や閉店後に行われるのでその都度早く出勤したり、残って参加することになります。

ちなみにミーティング参加は強制なのに残業代が出ないという話はよく聞きます。休みの日でも出てきて参加しなくてはいけないというショップもあるようです。

こうした事情もあり、アパレル販売は基本的に勤務時間、拘束時間が長めですね。

残業についての情報を手に入れるには

残業についてはショップによって差があることもあり、正直なところ社内の人間関係と同じように「実際に働いてみないと分からない問題」の一つです。

とはいえ入社してすぐ退職という事態は避けたいので、できれば事前に詳細な情報を入手したいですよね。

こうした求人票からは読み取れない内部事情を事前に知るためには、アパレル専門の転職支援サイト・人材紹介会社を利用しましょう。

アパレル転職サイトの担当者は、求人を取り扱う企業に実際に行って話を聞いたり、転職を成功させた利用者から生の声を聞く機会もあります。

そのため求人票だけでは分からない社風や働きやすさ、そして実際の残業についての情報も持っていたりします。

せっかく転職したのに実際に働いたら想像と違った…というミスマッチを防ぐことができますから、より満足度の高い転職を実現できます。

アパレル業界ではある程度の残業は仕方がないところもありますが、前もって分かった上で入社するのと、残業はなさそうと思ってたのに入社後に残業が多いことが発覚するのとでは捉え方も違ってきますよね。

それでもやっぱり残業なしの職場がいいという方は、その旨を担当者にあらかじめ伝えておけば条件に合った求人を紹介してもらえるでしょう。

職場の雰囲気は実際にショップに行ってみればなんとなく分かりますが、残業等の自分では調べるのに限界がある内部事情についての情報を入手できるというのは大きなメリットだと思うので、ぜひこうしたアパレル専門の紹介会社を上手く活用してみてくださいね。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング