アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アルバイトからアパレル正社員に転職

フリーターからアパレル正社員に就職する

フリーターからアパレル就職するならどの職種?

フリーターからアパレルに就職したいとお考えの方もいらっしゃると思います。

アパレルは特にファッション好きの女性から人気の業界ですから、「正社員で働くならやっぱり自分の好きな事がしたい」ということでアパレルを希望する方も少なくないでしょう。

アパレルの仕事といっても色々あります。ショップで働く販売員から、本社勤務のMD、営業、企画、デザイナー、パタンナーなど。華やかなプレスの仕事に憧れる方も多いですね。

ただ、アパレル業界は職種によって就職難易度が大きく変わってきます。

販売職は求人が多いので比較的就職しやすいのですが、総合職は新卒でアパレル企業に入社するか経験者の転職じゃないと就くのは難しいです。

そしてデザイナーやパタンナーといった専門知識が必要な職種の場合、服飾系の学校に通うか独学でそれ相応の知識を身に付けた人じゃないと採用されません。

ですからフリーターからアパレル業界への就職を狙うのであれば、アパレル販売職を狙うのがいいのではないでしょうか。

アパレル経験の有無で変わる就職難易度

アパレル販売職に就職する場合、アパレルバイト経験があるかどうかでまた難易度は変わってきます。

他の職業でもそうですが、やはり経験者は強いです。特にアパレル販売ではバイトの割合が多いので、アルバイト経験であっても十分評価の対象になるんです。

ですから現在アパレルで働いている、もしくは過去に1年以上のアパレルバイト経験があるというフリーターの方は、アパレル正社員として採用されるチャンスは大いにあります。

一方、アパレル未経験のフリーターの場合は経験者に比べて不利にはなってきますが、それでもまだチャンスはあります。アルバイトや派遣でアパレル経験を積んでから再度チャレンジするか、未経験OKのアパレル正社員求人を探して応募しましょう。

アパレル販売は接客業なので、他業界の販売職や接客業の経験も評価されます。実際、高い接客スキルが求められるラグジュアリーブランドの販売員の採用では、同じく高い接客スキルを必要とするCAやホステス経験が高く評価されることもあるようです。

アパレル販売職の場合、書類選考よりも面接の方が重要になります。未経験者でも面接で上手く人柄やトークスキルをアピール出来れば十分採用の可能性はあるので、他の職種に比べると未経験者にも間口が広いと言えるかもしれません。

アパレル正社員求人の見つけ方

アパレル求人は求人情報誌やアルバイト求人サイトでもよく見掛けますが、正社員求人となるとそこまで数は多くないと思います。

そもそも先ほども言ったとおり、アパレル販売はバイトや派遣、契約社員の割合が多いので、アパレル販売職全体の求人数に対して正社員求人の数は決して多くないんです。

ですからアパレル正社員求人を見つけるには、アパレル求人が多く集まるアパレル転職支援サービスを利用しましょう。

アパレルに特化した転職支援サイトには他では見つからないアパレル求人も豊富にあるので、就職をお考えならぜひチェックしましょう。

アパレルの経験を活かして転職したい方は、

クリーデンス

がおすすめです。

クリーデンスはDODAやanで知られる転職業界大手のパーソルキャリアが運営しています。

販売職、総合職、専門職とアパレル業界の様々な求人を豊富に扱っていて、非公開求人も数多く存在します。その中からスキル・経験や希望に合った求人を紹介してくれます。

未経験からアパレル就職を目指す方は、

ファッショーネ

がおすすめです。

ファッショーネは専任のコンサルタントによる手厚いサポートが魅力で、転職が初めての場合も安心して転職活動ができるよう様々なサポートやアドバイスを受けられます。

スキルに合わせた求人を紹介してもらえるので、未経験の方もまずは相談してみるといいでしょう。

アパレル業界への転職は年齢のことが心配…

アパレル業界に就職することを考えた際、年齢についても気になるのではないでしょうか。アパレル業界は若いというイメージが強く、30代になったらもう働けないんじゃないかと心配している方もいらっしゃるかもしれません。

確かにアパレルで働く人達の平均年齢は若く、特に販売員は20代が中心となっています。しかしそれは離職率が高いということと、10代後半~30代向けのアパレルブランドが多いという事が関係しています。

アパレル販売職は憧れで入ってくる人が多い分、実際のキツさとのギャップに悩んで早期退職する人も多いです。ただそれだけでなく、女性が多い業界だけあって寿退社する人も多いんです。ですから20代中盤~後半あたりで多くの人が結婚を機に退職していくんですね。

またアパレル販売員はブランドの客層に合わせた人が採用されます。20代向けのアパレルブランドなら20代~30代前半の販売員を配置するのが一般的です。そのため、20代の若い女性向けのブランドの数が圧倒的に多い事を考えると、必然的にそれくらいの年齢の販売員ばかり目に付くのは当然とも言えます。

ですから30歳を過ぎてもずっとアパレルで働き続ける方もいますし、30代、40代、50代向けのアパレルブランドもあるのでそうしたブランドに転職すれば定年まで働き続けることも出来るんです。

それに販売員から店長になってキャリアを積めば、優秀な人は本社に配属される事もあります。そこからエリアマネージャーやその他の総合職に就くことができれば、より長く働き続けやすい環境になっていくでしょう。

つまりアパレル販売職は確かに若い世代が多いですが、30代になっても働き続けることは可能です。

ただやはり30代未経験からアパレル業界に飛び込むとなるとかなり難しくなってきますし、やはりアパレル業界に就職・転職するなら若い方が良いというのは言えると思います。

そのためフリーターからアパレルに就職をお考えなら、少しでも早いうちから行動に移した方が有利ですよ。

スポンサーリンク

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング