アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル業界に転職

アパレル転職 自己PRのポイント

アパレルの自己PRについて

アパレル転職の際、自己PRをどうすればいいか悩んでしまう方も多いと思います。

自己PRは採用に大きく関わります。ここで自分をいかにアピールできるかが採用されるかどうかの分かれ目、と言ってもいいくらい大切なポイントとなります。

ですから応募の際はしっかりと採用担当者にアピールできるようにな自己PRを作り上げましょう。

自己PRは何のために作る?

そもそも自己PRは何のために作成するかというと、採用担当者に「この応募者はうちの会社に欲しい人材だ」と思ってもらうためです。

ですから自分の良い所をありったけ説明するというよりは、採用担当者に響くような的を得たアピールをすることが大切です。

企業が求める人材は企業によって違います。欠員募集なのか増員のためなのかによっても違いますし、店長候補なのか若いフレッシュな人材が欲しいのかによっても変わってくるでしょう。

そしてアパレルの場合はブランドイメージに合ったスタッフを求めていますから、ブランドが違うだけで求める人物像は大きく変わってきますね。

ブランドイメージに合っているかどうかは面接時の服装や話し方などの様子から判断することが多いのですが、自己PR文からもアピールできることはあるはずです。

このように、採用側が欲しいと思っている人物像に自分をいかに近づけるかが自己PRの役割となります。

どんな人が求められているのかを知ることが大切

採用担当者が求める人材に近づくためには、まず採用側がどんな人物を求めているのかを知る必要がありますね。ここが分かっていないと効果的なアピールはできません。

アパレル販売の仕事で言えば、どんなブランドであれ求められる人材はある程度共通しています。

といった人はアパレル販売職では歓迎されますね。

ですからアパレルの自己PRを作るときには、これらに関係したアピールを心掛けると効果的です。未経験だとアピールポイントが無い…と悩んでしまうかもしれませんが、アパレル未経験でもこうしたアピールならできそうですよね。

経験者の場合は具体的な数字や事例を挙げるとより説得力が増します。いつも成績トップだったとか、月にどれくらい売り上げたとか、お客様からどんなお褒めの言葉をいただいたとか、経験者だからこそのアピールポイントもあると思いますから、そうした点をどんどんアピールしていきましょう。

採用側がどんな人材を求めているのかは、求人票からもある程度読み取れます。例えば急募の場合は欠員募集の可能性が高いので、即戦力が求められています。その際は経験者であること、勤続年数などをアピールするといいですね。

店長候補として募集しているのであれば、バイトリーダーの経験などもアピールできるでしょう。アパレルじゃなくても評価してもらえるかもしれません。

あとはアパレル人材紹介会社を利用するのもおすすめです。こうしたサービスでは企業と求職者をマッチングするのが仕事ですから、企業側がどんな人材を求めているのかを理解した上で人材を紹介します。

転職支援サービスでは履歴書の書き方や面接対策などのサポートも行ってくれますから、自己PR作成の際も心強い味方となってくれるのではないでしょうか。

アパレル専門の転職支援サービスには

などがあります。転職のプロの力を借りてみてはいかがでしょうか。

採用担当者の視点からチェックしてみよう

自己PR作成の際は、採用担当者の立場に立ってみて「どんな人物が欲しいか」ということを常に考えてみるということがとても重要です。そうしないと見当違いなアピールばかりになってしまう可能性があります。

逆にこれができるようになれば自然と良い自己PR文が書けるようになってくるはずですし、少なくとも独りよがりの内容ではなくなるはずです。

そして完成した後には、再度採用側の気持ちになって読み直してみましょう。「自分が採用担当者だったらこの文章を見て本当に採用したいと思うかな?」という視点でチェックしてみると、改善すべき点も見えてくると思います。

合否に大きく影響する自己PR。しっかりと作り込んでから書類選考・面接に挑んでくださいね。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング