アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレル業界に転職

アパレル面接でデニムはOK?

アパレルの面接の服装

アパレルの面接を受ける際に多くの方が悩む事といえば、「どんな服装をしていけば良いか」という事だと思います。

普通面接というとリクルートスーツが基本ですよね。黒や紺、グレーのスーツに白シャツ、パンプスを合わせ、髪型は黒または暗めの茶色のカラーでロングヘアーなら一つ結びにします。アクセサリーは基本的に無しで、せいぜい腕時計くらいです。

面接ではこうした格好で挑むのが日本では常識となっているので、それ以外の服装をしなきゃいけないとなるととたんに戸惑ってしまうものです。

最近は私服面接を行う企業が増えていて、よく広告・メディア業界やIT系企業で実施される事が多いですね。しかしアパレル業界は以前から私服面接が当たり前です。

応募者にわざわざ自由な服装をさせることには意味があります。それはその人の人柄を見たかったとか、自社の自由な社風を感じて欲しかったとか、一般常識をわきまえているかとか、実施する企業によって色々な思惑があると思います。

そしてアパレル業界で私服面接を行うことにも理由があります。その理由はもちろん、応募者のファッション・着こなしを見たいからですね。

webデザイナーなどのクリエイティブな仕事の選考では作品集(ポートフォリオ)を見ることでその人の実力を見極めますよね。それと同じように、服に携わる事が仕事のアパレルでは、その人の服装自体が大きな判断材料となるのです。

そのためアパレルの場合面接時の服装は単に一般常識を見るためのものではなく、選考基準の一つとなる重要なポイントとなっています。

応募先のブランドに合わせた服装を心掛ける

アパレル面接の場合、他の業界の私服面接とはまた違います。他業界での私服面接では基本的にオフィスカジュアルを意識しなくてはいけませんが、アパレルはその限りではありません。

アパレル面接の服装で最も意識するべきことは、応募先のブランドに合わせるという事です。

応募先のブランドがキレイめのブランドならオフィスカジュアルと同じようにジャケットにスカートという服装で良いですし、カジュアルなブランドならジャケットにこだわらずそのブランドらしい服装をすればいいと思います。

お手本となるのはそのブランドで働く販売員の服装です。実際に働いている販売員はブランドの服でブランドイメージに合わせた着こなしをしているはずなので、とても参考になります。

アパレル面接ではTPOに合わせた服装というよりファッションセンスや着こなしを見ているので、そのブランドに合わせた着こなしをするのが一番です。そのためアクセサリーも付けてOKですし、髪型も自由です。コーディネートに合わせてみてください。

結局デニムはあり?なし?

では本題のデニム・ジーンズはOKかどうかという点ですが、これも今までの説明のとおり、応募先のブランドに合わせて判断しましょう。

OL向けのコンサバ系のアイテムが多いブランドではわざわざデニムを選ぶ必要はないですし、逆にカジュアルでデニムに合うアイテムを数多く取り揃えるブランドではデニムをメインにしたコーディネートをして行ってもOKです。

ただし、いくら服装自由とはいえ面接の場という事を考えるとあまりにもラフすぎる格好もどうかな、という気もします。面接官によってはデニムやサンダルはNGと考えている人もいるかもしれません。

それにそのブランドが百貨店やファッションビルのテナントとして出店している場合、金髪NGなどそのビル全体の決まり事がある事もあります。その場合はそうした決まりに従わなくてはいけませんから、アパレルだからといって必ずしも100%自由な服装が出来るとは限らないんです。

そうした事を考えると、ブランドイメージから離れない範囲でキレイめの服装を心掛けた方が無難ではあるかもしれませんね。

ただ、デニムと言えば定番中の定番アイテムですから、人それぞれで着こなしに個性の出やすいアイテムでもあります。デニムを上手く着こなすことで強い印象を与えることができるかもしれません。

結局アパレル面接でデニムを取り入れてもいいのかどうかは何とも言えない面もあるのですが、少なくともカジュアルテイストで店員さんも頻繁にデニムを着ているようなブランドならOKと考えていいのではないでしょうか。

ただし、ダメージデニムなどあまり面接にふさわしくないようなアイテムはなるべく避けた方が良いでしょう。

また面接ではコーディネートの他にも洋服にシワがないか、汚れがないかといった基本的な事もチェックしています。こうした清潔感にも気を配るようにしましょう。

アパレル面接の服装で迷った時は

アパレル面接で何を着ていくか迷った時は、誰か詳しい人からアドバイスが欲しいですよね。そういう時はアパレル専門の転職支援サービスに登録しておくと便利です。

クリーデンスやファッショーネはアパレルに特化した転職支援です。登録すれば業界に詳しいアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。

これまでに何人ものアパレル転職希望者の転職を成功させてきた実績があるので、面接の服装についても的確なアドバイスをもらえるでしょう。転職のプロからのアドバイスをもらえたら心強いですよね。

面接時の服装以外にも、面接対策や履歴書の書き方などのアドバイスも受けられます。もちろん求人紹介もしてもらえるので、希望のブランド求人を探したい、高給与の求人を探したいといった希望にも応えてくれますよ。

こうした転職支援サービスは無料で利用できるので、転職をお考えの際はまず登録しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング