アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

アパレルの仕事内容

アパレル店員にノルマはある?

お客さんにしつこく商品を勧める店員って…

ショップに買い物に行った際、店員さんに話し掛けられて商品を勧められるという事はほとんどの方が経験済みかと思います。「別に嫌じゃないよ」という方もいるとは思いますが、「一人でゆっくり見たいのに…」「勧められると買わなきゃいけない気がして嫌」という意見も多いですね。

中にはしつこく勧めてきたり、ずっと後を付けてくる店員さんもいます。こんな事されたら買い物する気も失せちゃいますよね。そして同時に「やっぱりノルマがキツイのかな」って想像しちゃいませんか?

アパレル販売の仕事をしたいと思った時、大半の方がネックに感じるのがノルマについてではないでしょうか。自分もノルマのせいでこんなしつこい接客をしなきゃいけなくなるのかなと思うと応募をためらってしまう、という方もいらっしゃるでしょう。

アパレル販売の仕事には必ずしもノルマが課せられるものなのでしょうか。

個人ノルマの有無をチェック

まず、ノルマというのは売上目標の事です。毎月の売上目標を達成しようとショップ店員は日々奮闘している訳ですね。売上目標はどのショップにも存在しますから、そうした意味ではアパレルで働く以上ノルマは必ずあると言えます。

ただここで知りたいのは、「ノルマ」のイメージから連想される

といったような厳しいノルマがあるのかどうかということですよね。

売上目標が達成できなかった場合の対応はショップごとに異なりますが、達成できなかったといって必ず何らかのペナルティが課せられるというわけではありません。このあたりは個人の売上目標が決められているかどうかも関係してきます。

売上目標は店全体の金額のみ設定されている場合と、店全体の他にスタッフ一人ひとりに個人目標が設定される場合があります。このうち個人目標があるショップの方が目標達成に向けて厳しく言われる傾向にあるようですね。店全体の売上目標のみの場合だと、そこまで売上売上と厳しく言われないケースが多いようです。

もし応募する前にこうしたノルマについて知りたい場合は、アパレル専門の人材紹介会社のコンサルタントに相談して聞いてみるのもいいかもしれません。

あとはしつこい接客をしてくるショップはノルマが厳しい傾向にあるので、実際にショップに出向いてみるのもいいですね。そこで働くスタッフを見ることでノルマ以外にも求人票からは分からない実情が見えてきますから、そういった意味でも事前にショップに偵察に行くことはオススメです。

ノルマは辛いことだけじゃない

ノルマというと嫌なイメージしかないかもしれませんが、ノルマ(売上目標)があることで仕事のやりがいが格段に増えるというのも確かです。

売り上げを気にすることなく働くことができれば確かに楽ですが、目標もないままただ毎日店頭に立ち続けていればそのうちきっと仕事に飽きてくると思います。時間も長く感じられて、早く閉店時間にならないかな~なんて事だけ考えるようになったら仕事も楽しくなくなってきますよね。

目標があるとそれに向かって努力するようになるし、目標達成できればやっぱり嬉しいですよね。努力が目に見えて報われる瞬間ですから。忙しい日曜日も今までだったらただ憂鬱なだけだったのが、売上アップの為に頑張るぞという意識に変わってきます。

またどうやったら売上アップできるか試行錯誤することで販売員としてのスキルもアップするし、月に最大で○○万円売り上げたとていう実績ができれば次の転職の際にもアピールすることができるというメリットもあります。

個人目標のある職場から無い職場に転職したら仕事に張り合いがなくてつまらなくなった、という人もいます。ノルマは嫌なことばかりでなく、モチベーションをアップさせたり自身のスキルアップにも繋がるメリットがあるという事は覚えておきましょう。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング