アパレル求人 正社員

正社員としてアパレル業界へ就職、転職をお考えの方へアパレル求人に関する情報やおすすめのアパレル業界専門の求人サイトをご紹介しています。

本社勤務・総合職

アパレル総合職の年収・収入

アパレル業界は給料が安い?

アパレル総合職の給料について気になるという方も多いのではないでしょうか。

アパレルの仕事は低賃金とよく言われていますね。給料が低いのに商品の服を買わなきゃいけないので生活が苦しいというアパレル販売員は多いです。さらに体力的にも辛く残業も多いので、割に合わない仕事のようにも見えます。

しかしそれでもアパレル販売職が人気なのは、やはり服好きな人にはとても楽しくてやりがいのある仕事だからでしょう。逆に言えばそれだけ服が好きという情熱がないとやっていけない仕事でもありますね。

ただ、アパレル業界の仕事は販売職だけではありません。店頭に立って売り子として働く販売職の他にも、本社で企画・流通・広報などの仕事を行う総合職や、商品のデザインや縫製などに関わる専門職があります。

そして、この中でも総合職は他の職種に比べて給料が高いと言われています。

アパレル販売職・総合職の平均年収

アパレル販売職の平均年収は250万~300万円ほどです。店長クラスでも350万円程度です。

そして年収額は地域によっても差がありますから、地方だと月12万~13万程度という所も珍しくありません。これだとボーナスを入れても年収200万に届きませんね。この金額は他の職業と比べてもやはり低水準と言えます。

一方、アパレル総合職の平均年収は350~450万円くらいです。総合職といってもMD、プレス、営業など色々な職業がありますからあくまで平均値となりますが、それでも販売職に比べると随分高くなっていますよね。

日本の20代女性の平均年収が350万、30代女性が400万程度と言われますから、アパレル総合職に限って言えば全体の平均年収とほぼ同程度~やや高めといった金額になります。

つまり、「アパレルは給料が安い」と言われるのは販売職の話で、アパレル総合職の給料は決して低くはないという事なんですね。

アパレル総合職の魅力

アパレル業界で働いてみたいと思っても、アパレルの給料の低さ・将来性の無さがネックとなって諦めた方も少なくないのではないでしょうか。

アパレル販売職は若いうちしか働けないというイメージもあると思います。そうなると30代になっても働き続けられるのかな…と将来が不安になりますよね。実際は30歳を超えても働き先はあるのですが、それでもアパレル販売職全体の平均年齢が低いのは確かです。

いくら仕事内容が魅力的でも、仕事としてやっていくには給料や将来性は重要な問題ですよね。そういった意味でアパレル販売職は就職先として不安要素が多いと言わざるを得ません。

そうした点から考えると、アパレル総合職はアパレル販売職のような不安要素もなく、なおかつファッションに関係する仕事として魅力的な仕事に見えてくるのではないでしょうか。

先ほどご紹介したようにアパレル総合職の平均年収は高めですし、現場で働く販売員に比べて長く勤められそうな環境にあるので将来性もあります。そして仕事内容も分服作りに深く関われたり、流行を発信する役割も担うこともできたりしてやりがいは十分にあります。

アパレルに関わる仕事がしたいけど販売職は給料面や将来性が不安で…という方にとっては、アパレル総合職はまさに理想的な仕事と言えるかもしれませんね。

総合職に就くのは難しい

実際アパレル総合職は人気がありますし、販売職として働いている人達も総合職へのキャリアアップを目指して本社勤務を希望するケースも多いです。

しかし総合職は求人数が多い販売職と違って、求人数は少ない上に転職も難しいという狭き門となっています。

総合職で働く人の多くは新卒でアパレル企業に総合職として採用されています。中途採用もあるのですが、その場合は経験者のみとすることがほとんどなんです。

そして新卒で入社する場合は一般企業と同じように学歴重視で、ファッションセンスが高い人というよりは総合的な能力が高い人が求められます。

通常アパレル販売員は学歴は重視されず、高卒の人も多く活躍していますよね。しかし総合職ではほとんどが大卒者となります。

さらに総合職は本社勤務となるため、全国に多数ある店舗で働く販売員に比べてそもそも人数が少なく、求人数自体が少ないです。

このようにアパレル総合職は販売職に比べてかなり就職・転職のハードルが高くなっています。販売職のように未経験からでも転職しやすいという類の仕事ではないんですね。

それでもアパレル総合職を目指したい!という方は、

の記事を参考にしていただければと思います。

アパレル転職に強い アパレル専門転職支援サービスランキング